medicine

ホルモンによる症状

ホルモンバランスが崩れると、更年期障害を発症させる可能性が高いです。更年期障害とは自律神経失調症の1つであり、男性に比べ女性に多く見られます。女性の中でも、40代の後半から50代の前半が多く発症します。40代後半から50代前半にかけ、ホルモンの分泌がどんどん減っていきます。ホルモンのが減少してしまうと、自律神経へも影響するのです。自律神経はバランスを保てなくなり、自律神経失調となってしまうのです。自律神経失調は体だけでなく、心にまで症状を表します。ホルモンバランスが崩れたことにより発症するのが、更年期障害なのです。症状には、手足の冷えや肌の乾燥、頭痛や肩こりなどがあります。また情緒不安定にもなりやすく、精神状態のコントロールが難しくなるのです。心と体に症状が出る更年期障害は、しっかり治療していくことが必要となります。

40代から50代の女性に見られる更年期障害は、20代の若い女性でも発症する可能性が高くなってきているのです。若い女性の場合は、若年性更年期障害と呼ばれこれも自律神経失調の1つとなります。仕事や家事・育児などでストレスを抱える女性が増え、ホルモンバランスが崩れやすくなることで症状が現れるのです。また、忙しい現代人は、生活が不規則になりがちです。偏った食事や運動、睡眠不足もホルモンを崩してしまう原因の1つです。食事の栄養や時間のバランスを整え、適度な運動と睡眠確保が重要なのです。夜眠れない人も朝起きる時間を一定にすることで、睡眠のバランスが整い夜寝つきやすくなります。朝と夜のバランスが崩れないよう、しっかり睡眠で調節するのも大切です。また、若い女性には、過度のダイエットが多く見られます。短期間でも体重減少はホルモンにも大きな影響を与えるので、無理にダイエットすると逆効果となってしまい体調不良となる恐れがあります。